マグナム英会話

和製英語には注意しよう

いまは時代は変わって、近代では当然の様にグローバルな社会になっています。そんな時代を生き抜いていくためには、当然英語を覚えることは必須になっていますし、TOIECをはじめ英語能力を重視するところも出てきています。

 

特に今の小・中学生が大人になる頃にはもっとグローバル化は進んでいるでしょう。そこで必要になってくるのは、ネイティブな所謂「生きた英語」なのです。もちろん単語を覚えることも、上達のひとつです。

 

生きた英語を得る

日本語に置き換えて考えてみて下さい。「単語」や「文法」のみをどれだけ覚えていても、完全に外国語風に言われればあなたはそれを聴き取ることが可能でしょうか。答えは明らかにNOです。

 

ということは、やはりネイティブな発音というものは絶対に必要な要素のひとつと言えます。「単語」「文法」「発音」これらの要素が合わさって初めて言語として成立するわけです。しかし、巷で流れている日本人による英語はネイティブな英語とはだいぶかけ離れていると言えます。

 

それは和製英語による歴史が、我々日本人によって築かれていってしまったからだと言えるでしょう。そして、それらから完全に逃れてネイティブな発音を習得しなければなりません。方法はいくつかありますが、「単語」や「文法」の要素を考慮しても、一番バランスが取れるのはやはり英会話に通うことでしょう。

 

そして習うなら、多感な年少期に限ります。理由は、アメリカなどの英語圏で育った子供の言語習得は大人の比ではありません。もちろんそれは日本語にも言え、世界一難しい言語のひとつなのに小さな子供は息をするように喋っています。なので、子供を英会話に習わせようか考えている方は、1秒でも早く通った方が良いです。