マグナム英会話

初心者であっても発音の重要性は考えた方がいい

英会話を学ぶ上で、発音はそんなに重要視しなくて良いから、とにかく話せるようになる努力をしてる人が非常に多いかと思います。たしかに、話せないことには会話は成立しませんので、発音にあまり重きを置かないのも理解はできます。

 

しかしです、日本語を話す外国人を思い出して下さい。日本語の発音が上手い外国人は評価を高めにしてませんか?そんなに難しいことを話してなくても日本語の発音が上手い外国人に対して「凄い!」という感覚を持ってるはずです。

 

それは外国人が日本人の英語発音を聞く時も同じです。もし、英語発音が上手ければ、能力以上に評価されます。これは本当です。また、会話をしてるのに通じないなんてことがありますか?それは発音の問題ですよね。

 

せっかく英会話を覚えても発音が悪いと会話が成立しません。私は発音に焦点を当てながら英語学習をしてきました。単語を覚える時も、例文を覚える時もアクセントやイントネーションを意識して覚えてきました。

 

そのおかげで私が話す英会話が外国人に通じなかった経験はゼロです。先ほども話したように私の英会話能力以上に、外国人は私を評価してくれています。なぜなら、発音が他の日本人より上手いからです。

 

発音はすぐに良くなるものではありませんから、余計に周りとの差別化をつけれます。こんなにお得なことはないのに、なぜ発音記号を覚えることをしないのか私には不思議です。一度、発音記号を覚えて発音に意識して学習すれば1年後、外国人からアナタの英会話に対する評価が全然違いますよ。